忍者ブログ
日向ぼっこしながら徒然におもうところを呟いてみる。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
blackcat
性別:
非公開
最新コメント
[12/12 玉吉]
[12/02 玉吉]
[06/15 yuurin]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



UFO:「存在確認せず、飛来検討せず」政府が公式見解 
 
 政府は18日、未確認飛行物体(UFO)について「存在を確認していない」とする答弁書を閣議決定した。山根隆治参院議員(民主)への答弁。UFOに関する政府の公式見解は初めてという。
 UFOを巡っては、仏国立研究機関が今年3月、ウェブサイトで目撃情報を公開したほか、米航空宇宙局(NASA)は65年の「墜落説」に関する部内文書の存在調査に乗り出している。
 しかし、答弁書は「特段の情報収集や外国との情報交換、研究はしていない」「わが国に飛来した場合の対応も検討していない」などと、つれない回答に終始。ただ、町村信孝官房長官は記者会見で「個人的には絶対いると思う」と述べ、公式見解と「対立」する見方を披露した

UFO「存在確認せず」…政府が初の答弁書閣議決定(夕刊フジ)  


 地球外から飛来してきた未確認飛行物体(UFO)について、政府は18日、「存在を確認していない」とする答弁書を閣議決定した。文部科学省によると、UFOの有無に関する政府の公式見解が文書の形で出されるのは初めてだという。
 民主党の山根隆治参院議員が質問主意書で「UFO目撃情報が後を絶たないが、国民的な不安と関心からも確認作業は喫緊の課題だ」とただしたことに答えたもの
 答弁書では、UFOに関する「特段の情報収集、外国との情報交換」は行っておらず、日本に飛来した場合の対応についても特段の検討はしていないとしている。
 また、航空自衛隊による緊急発進(スクランブル)でも「鳥などを発見することはあるが、地球外からの飛来と思われるUFOを発見した事例は承知していない」とした。
 山根氏は2005年3月にも参院総務委員会で「(UFOについて)日本の政府として何か対策を考えているのか」などと質問。当時の麻生太郎総務大臣が「膨大な数の星がある中、地球にしか我々みたいなのがいないというのは、想像力がなさすぎると思う。ただ、私どもとして特にUFOに関して調べていることはない」などと答弁していた


民主党は他にやることないのかい!
政府も政府である。
アホらしいニュースだ。

微妙にニュアンスが違うので、記事を2つ参照してみました。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]