忍者ブログ
日向ぼっこしながら徒然におもうところを呟いてみる。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
blackcat
性別:
非公開
最新コメント
[12/12 玉吉]
[12/02 玉吉]
[06/15 yuurin]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



男「へへっ、騒いでも無駄だぜ」
 「さあ、その可愛い口でくわえてごらん」
 「そう、そうだいいぞ」
 「どうだ、美味しいだろう?さあ、美味しかったらワンと言ってみな、へへへ」
 「さあ、もっと舌を出して…そう、そうだ」
 「何度見ても最高だな」
 「さあ、そろそろいいだろう」
 「欲しかったんだろ?今やるぞ」

 dog20060215_1.jpgワンッ!










ほら!
sau002.jpg









男「どうだ、おいしいだろう。高かったんだぞw」


変なこと想像した人は、その場で反省しなさいw

とまあ、これはさておき、本当に痛い話。
【キプロス】21歳のオーストラリア人女性、レイプ犯にお口での奉仕を提案/ペニスに噛みつき難を逃れる
 爽やかそうで優しそうだから信用して付いて行ったのに、2人きりになると男が突然態度を豹変させる。
男が狼に変身する瞬間である。だが、実際には牙が生えてくるわけではない。
むしろ、相手にガブリと牙を立てることができるのは女性の方かもしれない。
それを実践して見せた女性が地中海の島国キプロス共和国にいる。
 アギアナパというビーチリゾート地で、6月15日の朝、現地ホテル勤務のオーストリア人女性(21歳)が
友人と2人で盛り場の路上を歩いていると、2台のバイクが近づいてきた。それぞれ若い男が運転しており、
「後ろに乗っていかないか?」と誘ってきた。「ビーチに行って、何か飲もうよ」
 彼女らは、その誘いに気安く応じることにした。だが、2台のバイクは途中で離れ離れになった。
オーストリア人女性の方は、自分を乗せたバイクがどんどん人里離れた方向に進んでいるのを知って不安になった。
やがて男が人気のない場所でバイクを停めた。「ね、いいだろう?」と彼女に関係を迫ってきた。
 「え?そんなつもりで後ろに乗ったんじゃないわ!」と彼女が拒むと、男は態度を豹変させた。
爽やかに見えた男が狼に変身した瞬間だった。野獣のような獰猛さで彼女に襲い掛かってきた。
抵抗しようとすると、パンチを浴びせてくる。
 男を油断させて逃げるには、こうするしかない・・・そう考えた彼女は態度を和らげて、男に提案した。
お口で奉仕してあげるわ、と。彼女は、彼の男性自身に顔を近づけ口に含んだかと思うと、一気に牙を立てた。      
 虚を突かれ、激痛にうめく男。彼女はさらに反撃を畳み掛ける。男の急所にキックを浴びせ、顔面にパンチを浴びせる。
 こうして男の魔の手を逃れた彼女は、すぐに警察に駆け込んで一部始終を報告した。彼女は病院に連れて行かれ、 医師の診察を受けた。指が2本骨折しており、体のあちこちに打撲と擦過傷を負っていた。
 アギアナパの捜査部によると、男はまだ逃走中であり、彼が局部に負った傷の程度も不明とのこと。
警察は地元の病院に対し、ペニスに傷を負った男が受診に訪れたら通報するように言い渡している。
 「残念ながら、彼女は男の人相や背格好などの詳細をはっきり思い出せないようです」と警察の広報担当者は言う。
彼によれば、彼女の行動に関して警察が取り調べをおこなうとしたら、男が出頭して被害申し立てをした場合に限られる。
「そういうことになったとしても、おそらく彼女の行為は正当防衛とみなされるでしょう」
 そもそも、男性器には多数の血管と神経が通っている。最も敏感な部分であると同時に最も脆弱な部分でもある。
彼女の勝因は、おそらく遠慮なく噛み付いたところにありそうだ。手加減していたら、男を激昂させていただろう。
ある意味、紙一重だったかもしれない。
 
参照:http://rate.livedoor.biz/archives/50390532.html

ぎゃあああああぁぁぁぁ!
って犯罪者に共感してどうする。
しかし………痛いわ、これ(x_x)

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]